院内感染防止 熊本、福岡の病院清掃(医院・クリニック清掃)、介護施設・老人ホーム清掃、ワックス清掃、手術室(オペ室)の清掃 クリンネストケアシステム

院内感染防止 病院・介護施設清掃@熊本・福岡 > 院内感染を防ぐ5つの理由~クリンネストケアサービス案内~

院内感染を防ぐ5つの理由~クリンネストケアサービス案内~

病院清掃は私たち専門家にお任せ下さい。
病院・介護施設専門の病院清掃サービス「クリンネストケア」





病院・介護施設専門だからできる高品質な清掃サービス
病院清掃の目的は、患者様へのサービスとして清潔で衛生的な環境を提供しつつ、治療と看護がより効果的に行なわれることにあります。

院内感染防止三原則
クリーンペア九州の清掃業務は間接的に医療の一環を担っている重要な役割であり、更にエビデンスに基づいた清掃システムと手法を用いることにより、感染防止対策へも寄与するものと考えております。

病院でも手術室と待合室では清掃の基準も頻度も異なります。また、同じ待合室でも汚れやすい場所と汚れに区場所があります。

私たちの考えるクリンネストケアとは、豊富な経験からだけでなく、清掃根拠に基づいて分析し、効率的で無駄のない、かつ最適な清掃システムをご提供することです。

クリンネストケアが選ばれる5つの理由

高いレベルでキレイをキープ!
院内感染を防ぎ、清潔で快適な環境実現するために

クリンネストケアの行う病院清掃管理の目的を達成するために、5つの取組みを実施しています。

1.ゾーニング(清掃区域を分けて清掃)

トイレで使ったモップは出質の掃除には使いません!

清掃区域を清潔度に合わせて区分し、資機材の区別(カラーゾーニング)、作業の流れ、作業方法、感染の予防方法を明確にします。

▼清掃区域のゾーニング
▼資材のゾーニング
モップ

クロス

病院内でのゾーニングを基本的には4つに区分し、それぞれの区域内で使用する資機材が誰が見ても分かるように色分けします。
区域をまたがっての資機材の使用禁止を徹底することにより、他区域への菌の持ち出しや他区域からの持ち込みによる交差汚染を防止します。

2.オフロケーション

常に清潔なものに交換しながら掃除をします!

使用して汚れたモップをその場ですすいで再使用するのではなく、常に清潔なものと交換しながら汚染の拡散を防止します。

汚れた資材等は毎日選択し、漂白洗浄を行います。選択した資材は天日干しを行い、完全に乾いたものを使用いたします。

さらに乾燥したモップやクロスは後日の作業がし易い様に整理整頓しておく。モップやダスタークロスは洗濯だけでは汚れが落ちにくくなりますので定期的に漂白して清潔感を維持します。

3.EPA登録ケミカルを使用

洗浄と高い除菌効果を発揮!環境にもやさしい

米国の公的機関であるEPA米国環境保護局の基準に合格したケミカルを使用し、環境への配慮とより有効的な感染対策を実現します。

4.医療法の遵守

コンプライアンス遵守と清掃レベルの安定化を実現

作業管理責任者の職務内容と能力、作業従事者の職務内容と教育、作業計画の適正運営、病院感染対策への対応と方法、作業安全運営と連携体制、定期的点検・報告・協議・管理方法、請負契約と再委託の禁止といったことがらを明確にすることにより、清掃作業レベルの安定と施設のコンセプトに添った清掃サービスが提供出来ます。

5.クリンネストチェックプログラム

定期的な清掃作業の品質評価、清掃会議、キーパー教育により安全で快適な環境作りを

お客様と清掃会議を定期的に実施し、改善点や注意事項等を話し合い早急に対応、改善できる体制をとり、作業を行いいます。クリーンキーパー(清掃スタッフ)の指導も重点的に行い、礼儀・あいさつ・身だしなみは基本ですが、清掃作業者としての基礎知識を社内の資格制度も取り入れ習得したキーパーだけ現場にて清掃作業を行う形をとっております。
キーパーのトレーニングを行う社員も、病院清掃住宅責任者の資格を取得したトレーナーにて現場の指導にあたります。

清掃をする側にとっての病院の環境条件が、他と大きく異なることを良く認識し、清掃の目的を理解して取り組むことが重要であると考え、またその病院の持つ特徴や施設の内容に合致した最善の清掃サービスを提供しております。

病院・介護施設に特化した清掃サービスが実現した
クリンネストケアの3つの安心

品質での安心

院内感染防止三原則院内感染を防止する上で、ゾーニングを認識する清掃受託者を選ぶことが重要です。クリンネストケアは、はじめに正常度に応じて区域をカラーゾーニングし、その区域に最も適した方法と資機材を選定いたします。そして一定面積・区域を越えたモップの再使用を制限するオフロケーションの徹底とEPA登録のケミカルを使用することにより、雑菌類の拡散防止に努めるサービスをご提供しております。

コストでの安心

汚れやすい場所と汚れにくい場所を同じ基準で清掃するほど、公立の悪い清掃はありません。クリンネストケアは、経験に頼るのでは無く、清掃根拠に基づいて分析し施設のエリアニーズを名確認把握することに重点をおいております。効率的で無駄のない清掃時間を算出し、常に費用対効果を意識しております。

管理面での安心。

申し分ない清掃であっても、清掃スタッフの自己満足では困ります。クリンネストケアは専門スタッフによる定期訪問を実施し、清掃エリアを立体的にくまなくチェックいたします。さらにお客様との清掃会議を実施し、それら情報を共有し、現状の問題点を解決するばかりでなく、これから起こるかもしれない問題点の早期発見と、未然防止までも注力しております。

お客様のニーズに合わせた最適な
オリジナル清掃プログラムをご提供します。

清掃プログラム例

清掃システム 委託方法例 メンテナンス例 管理内容
クリンネストハイコース 全フロア管理
管理社員常駐
キーパー委託
定期WAX(2カ月~4カ月)
2年1回剥離WAX
月2回定期訪問・点検
特別清掃実施
月1回清掃会議
クリンネストレギュラーコース 全フロア委託
キーパー委託
リーダー設置
定期WAX(4カ月~6カ月)
2年半1回剥離WAX
月1回定期訪問・点検
2カ月1回清掃会議
クリンネストセレクトコース 指定フロア委託
キーパー委託
6カ月毎定期WAX
3年1回剥離WAX
月1回定期訪問・点検
3カ月1回清掃会議

お客様のご要望(ニーズや清掃スタイル)に合わせて最適な清掃プログラムをご提案します。


pagetop